ご挨拶


当社は、1955年佐藤貞義が個人で佐藤鉄工所を創業したことをはじまりとしています。
その後1972年に現在の社名「佐藤精機株式会社」に法人改組し現在に至っています。
創業者はものづくり、特に機械加工に並々ならぬ情熱を持っていました。
容易にまた安定的に作れるものを選ばず、複雑で困難でそして高精度なものづくりに生涯をかけました。
その想いが社名の“精機”に込められています。 私たちはその思いと伝統を受け継ぎ、更なる進化を目指して日々歩んでいます。
“精機”という名に恥じぬものづくりを常に意識し、そのために心・技・体が三位一体となったいわば匠の技と考える頭脳を持ったエンジニア集団を形成することにより、多種多様な加工を実現します。
私たちは高精度加工のオールラウンダーとして、これからも社会のニーズに応え、新しい”次”を生み出す原動力となり社会に貢献してまいります。